がん保険が必要な理由とは

実はがんはとても身近な病気です。
日本人の死因として多い三大疾病の中の一つに含まれており、その割合は死因全体の約3割にもなります。

がんは生活習慣病とも言われ、日々の生活と密接に関わっています。喫煙や過度の飲酒はもちろん、乱れがちな食事や慢性的な運動不足に加え、現代社会はストレスも多く、それらはいずれもがんの原因である可能性が指摘されています。
日々がんになるリスクと隣り合わせの生活の中で少しでも不安を解消する手立てとして「がん保険」があります。

がんの治療は入院や手術、退院後の通院のための医療費はもちろん、再発の危険性もあるため定期健診を受ける必要があります。また、がんの治療に先進医療を用いた場合、全額自己負担となる技術費で経済的な負担が大きくなります。
闘病や療養をしている間は思うように働けないなど、収入が減ることも考えられます。そうなると負担は更に大きくなります。

がん保険はそれらもしもの時の負担を補うために備えるものです。
しかも、医療技術の進歩により、がんは治せない病気ではなくなりました。定期的な検診で早期発見されたがんは、適切な治療を受けることで治せくことは有効な手立てではないでしょうか。