がん保険の給付金について知っておく

がん保険の給付金について知っておく

がん保険の給付金について知っておく 特約などで様々な保障を受けられるがん保険ですが、万が一の時に受け取ることができる給付金はどのようなものがあるのでしょう。

まず、がんと診断されたときに支払われる「診断給付金」があります。これは一時金として支払われる給付金で、診断が確定すれば受け取れるものと、診断確定と併せて入院が必要なものがあります。受給回数も、一定期間過ぎての再発であれば何度でも受け取れるものと、一回限りのものとがあります。
また、同じがんでも悪性新生物と上皮内新生物で受け取れる診断給付金の金額が違う場合があるので保障内容を把握しておきましょう。

がんの治療に関しても入院日数で受け取れる入院給付金や、手術を受けたときに受け取れる手術給付金、通院に対する給付金など様々な場面で手厚く保障されています。
更にオプションで先進医療給付金特約や、女性特有のがんの診断や入院で受け取れる女性がん給付金特約などを追加できる契約などもあります。

日本人の死因トップ3の一つである「がん」に特化した保険であるがん保険は、もしもの時にとても心強い味方になってくれます。
安心して治療を受けるためにも、給付金の種類や受け取れるタイミングなどを理解しておくことが大切です。

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。